読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らりょすの日記

備忘録と感じたことと。ブログじゃないです,日記です。

なでしこでフィボナッチ数を求めてみた

f:id:raryosu:20140812172442p:plain

なでしこにフィボナッチ数を求めさせました。

Pythonで求めさせた記事はこちら=>Pythonでフィボナッチ数列、トリボナッチ数列etc... - らりょすの日記

きっかけは最近毎晩シス研部員で画面共有して作業してる時にふと私がなでしこを起動したところからです・・・
ある先輩がScratchでフィボナッチ数を表示させてて,それにインスパイアされてしまいました

なでしことは

なでしこは日本語でプログラミングできる言語です。フリーソフト(無料)で誰でも使えます。ファイルのコピーやバックアップ、Excel/Wordと連携、日々の定型処理に使えます。これからプログラミングを覚えたいという人にぴったりの道具です。 なでしこ:日本語プログラミング言語

ソースコード

# フィボナッチ数の計算の定義  
「何個のフィボナッチ数を求めたいですか」と尋ねる。  
回数はそれ。  
  一個目は0  
  二個目は1  
  三個目は一個目+二個目  
  Iで0から回数-1まで繰り返す  
    フィボナッチ数 = 一個目  
    一個目は二個目  
    二個目は三個目  
    三個目は一個目+二個目  
    ライオンがフィボナッチ数を言う。  

むっちゃきもい・・・
けど,やってることはわかってもらえると思います。

ちなみに最後の行をライオンじゃなくてクジラとかにすればもうちょっと楽しいと思います。

トリボナッチとかテトラナッチは求められてないでしょうから,割愛。

フィボナッチ数を求めるところを関数化しようと思いましたが,再帰できないならいいや~と思ってらくしたのは秘密