読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らりょすの日記

備忘録と感じたことと。ブログじゃないです,日記です。

高専カンファlolとでなりさん

kosenconf-101lol 雑記

この記事は denari01 Advent Calendar 2016 18日目の記事です。

www.adventar.org

ってなわけで改めましてこんにちは。高専カンファレンスlol 副実行委員長だったらりょすです。今日が担当日だということを忘れていました。

昨日は20代,30代が20人ぐらいいる飲み会に呼んでいただいて,生きた車海老をそのまま剥いて食べたり,めっちゃ身が詰まった牡蠣を食べたり, 酔っ払ったお兄さまお姉さま方にいじられたりしていました。ジンジャーエールおいしい。

それはさておき,denari01 Advent Calendar 2016 18日目の記事は「高専カンファlolとでなりさん」です。深く話すと闇が深くなるので,やんわりした話をば。

そもそもなんでこのAdvent Calendarに参加したか

高専カンファレンスlolの運営の話

高専カンファレンスlolの運営は,それはもう大変で,私の胃が何度もbrokenしそうになりました。 どれだけ大変だったかは,実行委員長のブログに

運営編は絶対書きます。

と書いてあるにもかかわらず開催から半年経った今日現在もまだ記事がかかれていないことから容易に想像がつきます。

coils.work

運営におけるでなりさんの役割

でなりさんは,高専カンファレンスlolの運営において「スポンサー」「会計」「発表関係以外の部門の補佐」という役割を担っていました。 あ,後は「実質副実行委員長」でした*1

彼は運営の中で唯一の社会人ということで,お金の絡む話に関してはすべておまかせしており,スポンサーや参加者の皆さんから徴収したお金の取りまとめを すべてこなしてくださいました。

加えて,破天荒な実行委員たちを眺めて,あれこれ指示を出したり,意見を取りまとめてくれる役割をしてくれた一人でもありました*2

lolカンファからわかるでなりさんの強さ

高専カンファレンスの実行委員経験のないひとばかりの高専カンファレンス,しかもいくつもの高専の人たちが合同で組織した実行委員会で,つつがなく高専カンファレンスを無事開催することができたのは,まぎれもなくでなりさんの尽力のおかげです。 準備をすすめる中で,何度かでなりさんの意見に対してかなり反発したり,実行委員全体が同意している内容に対して僕一人で反発して決定内容をひっくり返したりしていたので,おそらくでなりさんにとって僕は決してできた人間ではないと思います。 それでも愚痴を聞いてくれて,分裂した意見の折衷案を出してくれたり,当日判明した事態に対処する方法を提案してくれたりと…人間として,すごくできた人だなぁと思います。 でなりさんはナルシストだと自称していますが,所謂"自称「かっこいい人」なナルシスト"ではなく,"自他共認める「かっこいい人」なナルシスト"です。すげえ。

でなりさんへ

高専カンファレンスlolの運営では,お世話になりました。そしていろいろご迷惑おかけしてごめんなさい。 また機会があれば一緒にご飯食べに行きましょう🙇

*1:ちなみに私が「実質実行委員長」的に動いてた気がする

*2:ちなみにやましーや私もそうだったはず