らりょすの日記

備忘録と感じたことと。ブログじゃないです,日記です。

2015年の総括

今年は悩みに悩んだ1年で,苦労した1年でした。シス研の回し方,自分の将来,買うもの,作るものなどなど…

そして,自分の性格も大きく変わったと思っています。大胆に行動するようになった気がします。

技術・知識

今年は「新しく何かできるようになった」というものよりも,今持っている知識・技術に付け足していくような形で様々なものを習得した気がします。 AngularJSをちょっとだけ触ってみたり,RoRの勉強をちょっとだけしてみたり,SQLの勉強をちょっとだけしてみたり,PHPの勉強をもうちょっとだけしてみたり,Goをちょっとだけ触ってみたり。

こう振り返ると,何も身についていない気がしますね。悲しいです。

悩んだこと

システム研究部

4月からシステム研究部の部長になり,どうやって部活を回していくか悩んでいました。 それと同時に,プロコンのアイデア出しのタイミングをちょっとだけ早めてみたり,プロジェクトの体制を少し変えたりしてみました。 しかし,留学生のチューターや,学科紹介パンフレットの改定,部長がしなきゃいけない作業などをしているとどうしても全てに対して100%の力を出すことはできませんでした。 そしてシス研の部室でも常に険しい顔をした怖いおじさんとして1年生に印象付けられてしまったようです。第1印象悪い部長のいる部活とか嫌ですよね。

部活の雰囲気と言うのはとても重要です。みんながわいわい話して,笑いが耐えないような部室には人が集まります。どんよりしたところには人は集まりません。 そして,学年の垣根を超えられるともっともっと楽しい部活になります。OBや先輩方に相談に乗ってもらったり,いろいろ教えてもらったりして,いい関係を築けます。しかも卒業したあとも。

「シス研回すのうまく行ってない」って気づいた時には時すでに遅し。僕は部活を回すのに失敗したと思っています。ですが,シス研にいる部員とは技術交流をずっとしていきたいと思っています。 ただ,部長は今年でやめて,来年はシス研以外の場でのものづくりを積極的にしていこうとも思っています。

ものづくり

今年はプロコンに出ることもなく,具体的な成果物としては「PROCON O.S.T. Project」のみとなっています。他にもこまごましたものや,公開していないシステム等はありますが。 プロコンに出そうと思っていたシステムについては基礎技術までは調べましたが,プロコン予選に落ちました。(他の大会には出ていましたが,僕は開発に携わっていません。) 「プロコン主体」でものづくりをしていると,落ちた時のモチベーションを保てませんね。

そういう意味でも来年はシス研に主軸をおいたものづくりではなく,自分の作りたいものをどんどん作っていく,そんな年にしたいです。

進路

就職・進学問題。今年だけで10回は意見を変えました。ちなみに公開日時点では「就職したい」です。 ここでどうして悩んでいるかを晒すのは流石に恥ずかしいので,もし相談に乗ってくださる方がいたら声をかけてくれると嬉しいです。 すでに10人以上に相談していますが,結局なんで悩んでいるかというと「将来に対する漠然とした不安」が原因で,気持ちとしては「就職」が勝っているのです。

Webフロントエンドエンジニアとして生きていきたいです。Webのバックエンドも多少はできます。両方中途半端なのでこれから「どやあああ」って言える技術をみにつけます。

苦労したこと

勉強

勉強は難しくなっていきますが,入学当初自分で決めた「クラス10位以内」という目標をなんとか保っています。ただ今後が不安なのでもっと勉強しなきゃなぁと思っています。

シス研

前述のとおり

進路

前述のとおり

成長したところ

大胆に行動することができるようになった

「学会行くか」って言われたら「行きます!」って言えるようになったし,「東京おいで!」ッて言われて「行きます!」って言えるようになったし,「プロコン来ないの?」って聞かれたら「行きます!」って言えるようになりました。広い世界にどんどん出て行きたいです。

人付き合い

Twitterベースかとおもいきや,結構いろいろな方と知りあえているのではないかと思います。今後もどんどん人脈を広げていきたいです。

切り替えができるようになった

オンとオフの切り替えをだいぶできるようになってきた。やるときはやる男になりたい。

まとめ

今年は「技術的な成長」はしていません(というと嘘ですが,昨年までみたいな大きな成長はなかった気がする)。しかし,その分,いろいろ悩んで,苦労して,得てきたものがあるかなぁって思います。 来年はインターンに行ったり,高専カンファを主催したり,プロコンのPMになったり,研究室に配属されたり,進路を決めたりと,大変な1年になります。 でも,納得の行く結論を出せるように頑張ります。