らりょすの日記

備忘録と感じたことと。ブログじゃないです,日記です。

高専カンファレンスと私

記事タイトルが,ラジオ番組のメッセージテーマみたいになってしまいました。「高専カンファレンスと私」ということでちょいと息抜きに記事を書いてみます。
高専カンファレンスについては公式Wikiを見てね。=> 高専カンファレンス Wiki

私と高専カンファレンスとの馴れ初め

私が初めて高専カンファレンスに参加したのは1年生の頃の3月。つまり2014年3月。高専カンファレンス in 近畿(kosenconf-073kinki)でした。

raryosu.hatenablog.com

さて,この記事から一文を引用するならこの一文でしょうか。

コミュ症が故,話しかけることができず,話しかけられもせずいい感じのぼっちっぷり

今でこそ,Twitterでアホみたいなことをつぶやいている人として,いろいろな人に話しかけていただくことが多々ありますし,自分から人に話しかけに行くこともよくありますが,当時は,高専生のノリにもついていけず,懇親会でも一人でジュースを飲みまくっていた記憶があります。*1

2回目の高専カンファレンス

私の高専カンファレンス2回めの経験は,2014年の11月。高専カンファレンス in NAIST(kosenconf-087NAIST)でした。

raryosu.hatenablog.com

後半はひたすら名刺をわたしまくって,procon-online.netの宣伝をしまくりました

この一文が,前回との違いを明確に示しています。先輩たちと一緒に車で行ったNAIST。とにかくいろいろな方と話すことができました。

この高専カンファレンスに参加してから,「高専カンファレンス楽しい!」という印象を持ちました。

初めての高専カンファレンス運営

高専カンファレンス in NAISTに参加した直後,「高専カンファレンス in 津山2」を開催しようという声があがりました。当然,私も運営メンバーに入れていただきました。だって高専カンファレンス楽しいんだもん。「高専カンファレンス in 津山3」の実行委員長になる可能性が一番高い人ということで,副実行委員長として運営に携わりました。

ということで,2015年3月に,高専カンファレンス in 津山2(kosenconf-091tsuyama2)を開催しました。

raryosu.hatenablog.com

あと飛び込みLTもした。

この時の高専カンファレンスが,私の(身内以外での)「初LT」でした。ノリと勢いで,懇親会第一発で発表させていただいて,発表も楽しいなぁとか感じました。*2

次に参加する高専カンファレンス

次回参加する高専カンファレンスは,高専カンファレンス100 in 東京(kosenconf-100tokyo)です。2日間にわたって開催されるでかい高専カンファレンスです。

そしてそのでかい高専カンファレンスでLT枠をひとつゲットしました。発表題目は「高専の今」*3
「なんだその堅い題目は」という感じですが,私の通う高専の今とこれからについて軽くお話し出来たらと思っています。あまり期待をされると緊張してしまいますが,ゆるゆるとお話させていただきますのでお付き合いください。

初東京,初でかい高専カンファレンスでの(ちゃんとした枠での)発表,初夜行バスです。楽しんできます。

次に開催に携わる高専カンファレンス

さて,私はこれからも高専カンファレンスに参加したり,開催したりということを目論んでいるのですが,すごくいいタイミングで運営に携わりませんかというお誘いをいただきました。 すでに開催宣言も出しており,そのうちWikiもできるかと思います。

開催宣言にも書いてある通り,私はまたしても副実行委員長です。*4

さらに,

舞鶴・明石・津山の3校で共同開催

という,かなりグローバルな(大嘘)運営の高専カンファレンスです。*5

来年のGW前半中日,予定を開けておいてくださると幸いです。高専カンファレンスlol,中身にも,2回目の副実行委員長の手腕にもご期待ください!(?)

まとめ

高専カンファレンスと私,まだまだこれからも縁が切れることはなさそうです。というより,卒業しても,高専カンファレンスには参加をし続けたいと思っています。
高専カンファレンス,たのしい。

*1:おそらくこの時「コミュ障」を治したいと初めて思いました

*2:完全にホームだったのであまり緊張しなかったというのも要因のひとつかと思いますが。

*3:高専カンファレンス100 in 東京全体のテーマは「Dreaming」

*4:でもその次に開催を目論んでいる「高専カンファレンス in 津山3」では実行委員長になってやるんだから!!

*5:もともと高専カンファレンスを関西で開こうという話でしたが,津山は関西か?という話になり,関西という名称はありません。開催は関西です。