らりょすの日記

備忘録と感じたことと。ブログじゃないです,日記です。

高専で輝く方法

f:id:raryosu:20141220231047p:plain

この記事はKosen Advent Calendar 2014の20日目の記事です。
昨日はでなりさんのKosen Advent Calendar 2014 19th : 高専で変人になりました という記事でした。僕はデザインやりたいけどデザインセンスが皆無なのでこれから伸ばして行きたいと思っている所存です。あと3年ありますしね!

さてさて,本日私は 高専で輝く方法」 について書こうと思います

自己紹介

名前: らりょす
所属: 津山高専 情報工学科2年
興味: Python, PHP, デザイン(?) etc...

それ以外のことは Raryosu.infoTwitterを御覧ください

高専で輝く って?

僕が「輝いてる」とは言いませんが,普通に高専で勉強をしているだけというわけではありません。
高専生らしくあろうと,たくさんの活動に参加をしています。
高専プロコン,中国地区高専で行われているコンピュータフェスティバル,高専カンファレンスへの参加,Code for KOSENなどの団体への参加,Imagine Cupへの挑戦,学校の学科紹介パンフレットの表紙の作成(来年度からは大幅に内容も作り変えますが) etc...

この記事では,こうやって「汗水流してあれこれ活動をしている人」を「高専で輝く」と定義します。

どうやったら輝けるの?

高専で普通に授業を受けているだけでは輝けません。
でも,高専という教育機関にいるだけでたくさんのことに参加することができます。
その「情報収集」をいかにうまくするか,というのが1つ,重要です。

情報収集の極意

1.部活動でアクティブに活動する

部活動は,すごく重要です。その部活動に参加していると,参加しやすい大会や,
その部活が主体となって行うイベントなどを行うかもしれません。

2.先輩や先生から情報を奪う

先輩や先生はたくさんの情報を持っています。
上手に奪いましょう
先生の研究室にいって駄弁るといろいろな情報がてにはいります。

3.SNSを有効活用する

TwitterFacebook高専生や高専の先生の住処です。
たくさんの情報が流れていきます。うまく収集しましょう。

輝く必要性ってなによ

高専生は,確かに授業を受けるだけでエンジニアになる上で「必要となる知識」はある程度身につくでしょう。
しかし!実際に何かやってみないとなにもわからないと思います。
例えば高専プロコンに参加すれば,共同開発の仕方や,授業で習ったプログラミングの更なる応用や,今後習うであろう知識の習得も出来ます。おいしい話じゃないですか?
それに,せっかく「高専」っていう変なところに来ているのですから,「変なこと」をしないともったいない!

まとめ

高専にはたくさんの機会が転がっています。
それを活用するか活用しないかはあなた次第。でも,活用したほうが確実に楽しいです。
もっと,輝きましょう!!
高専2年に言われたくねぇよwwwwとか言わずに・・・ね?)

kosen Advent Calendar 21日目の記事はこちら  

うちの高専ではLightning Talk大会やってます!! @Kosen Advent Calendar@12/21 | よちよち